So-net無料ブログ作成
検索選択

阪急ブレーブス ラストゲーム [記事]

1988年(昭和63年)10月23日 西宮球場で阪急ブレーブスのラストゲーム
先発した山田久志が完投勝利をして通産284勝目をあげました。

山田久志はこのゲームで引退、福本豊も結果的にこの年で引退となりました。
試合終了後にはセレモニーが行なわれ、満員の観客は涙にくれました。

上田監督の「ブレーブスは阪急のものでもオリクッスのものでもありません。
ファンのものです」の言葉が印象的でした。

選手、ファンの誰ひとりも球団の譲渡には納得が出来ませんでした。

スポニチ(昭和63年10月24日)-7.jpg